【準備はもうした?】2020年9月からマイナポイントがはじまります




2020年6月末で惜しまれつつも政府のキャッシュレス還元事業が終わりを迎えました。

店頭でこのシールを見かけた方も多いはずです。

キャッシュレス還元事業は消費税引き上げに伴う需要平準化対策として実施されました。

キャッシュレス還元事業の次の施策としてマイナポイントが9月からスタートします。

マイナポイントとは

マイナポイントは政府のキャッシュレス還元事業第二弾です。

2020年9月1日~2021年3月31日に実施されます。

マイナンバーカードの普及率は2020年4月1日時点で全国16%にとどまっています。

ほとんどの人が持っていないことになります。

そんな私も持っていません。

なぜなら取得する必要性がないからです

身分証明書だったら免許証や保険証で十分です。

わざわざ管理する必要のあるマイナンバーカードを取得する意味がありません。

今回はマイナンバーカードとキャッシュレスサービスを紐づけて利用すれば月に最大5,000円を上限にキャッシュバックしてもらえるとのことです。

これでは実用性のないマイナンバーカードを取得することが目的なのか手段なのかわからなくなってしまいますが、コロナ不況で出費を抑えたいなかで還元してくれるのは有難いことです。

どんなキャッシュレスサービスに利用できるの?

結論からいえば、どのキャッシュレスサービスでも対応しています。

マイナポイント対応キャッシュレスサービス

私の場合はPayPayを利用しています。

総務省のマイナポイントのサイトを見てみると色々なキャッシュレスサービスに対応しているので自分持っているキャッシュレスのどれかに該当しているのではないかと思います。

PayPayでの利用方法

25%還元、最大5,000円戻ってくる!とのことですが、どのように戻ってくるのでしょうか。

マイナポイントを各キャッシュレスサービスに紐づけます。

ここで注意したいのは、紐づけるのは1社しか選べません

普段、お財布代わりにしているキャッシュレスサービスを登録することをおすすめします。

PayPayではチャージをするタイミングでPayPayボーナスとしてマイナポイントが貰えます。

25%還元なので、2万円チャージすればPayPayボーナスが5,000円貰えてしまうことになります

私の場合、週に1回スーパーに買い物に行って5,000円前後使っているので1カ月の食費は大体2万円です。

普段通りにチャージして使っていれば1週間分の食費がマイナポイントで頂けるのです

これは大きいですね。

まずはマイナンバーカードの入手から

マイナポイントとPayPayを紐づけるためにはマイナンバーカードが必要です。

通知カードしか持っていないので、マイナンバーカードの入手から始めます。

マイナンバー通知カードが送られたときに交付申請書が同封されてきたはずですが、ずいぶん前のことなので交付申請書はなくしてしまいました。

交付申請書を持っていないとまずこれを手に入れなければなりません。

交付申請書の入手方法
①インターネットから申請書を印刷して郵送
②本人確認証を持ってお住まいの自治体へ

私の場合はインターネットから申請書をダウンロードして印刷する方法をおこないます。

紙に必要事項を記入して捺印。

書類を郵送するための封筒に至っては紙を印刷して自分でハサミで切って糊付けして組み立てます。

自分で初めて封筒を組み立てました(笑)

マイナンバーカードはデジタル化社会の基盤と位置付けられているわりには手続きはめっちゃアナログです。

これが日本のお役所らしいです。

これを郵送すれば交付申請書を貰う手続きは終わります。

また次回に続きます。

番外編でマイナンバー申請用の写真をピクチャンというコンビニプリントサービスで撮ってみました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です