【30代からの資産形成】積立NISAはじめました。




先日、前に金持ち父さん貧乏父さんの記事を書きました。

その他にお金に関する本を読み続けています。

30代になって金持ち父さん貧乏父さんを読んだ感想を書いてみる。

【30代からの資産形成】話題のインデックス投資の基本が学べる良書 お金は寝かせて増やしなさい

【読書】いま君に伝えたいお金の話

話題になった国会での老後2000万円必要問題は記憶に新しいですよね。

「2000万円」という数字だけが独り歩きしてしまった感があります。

会社員としての給料をせっせと貯金して、リタイア後は年金を貰っても生かさず殺さずでしか食べていけないこともはっきりしておりますし、数カ月前から積立NISAを始めています。

投資初心者です。

最初の第一歩なので、投資での言葉も含めてわからないことだらけです。

初心者目線で、自分でも調べて理解しながら現状を紹介していきたいと思います。

f:id:hitoritozan:20181129215447p:plain

今までの投資経験

そもそもなのですが、恥ずかしながら自分がまとまったお金を手に入れることができるようになったのは30代に入ってからです。

私は25歳で初めて正社員として零細企業に入社しました。

今から思えば、世の中でいうブラック企業です。

オーナー社長一族による独裁政権。

そもそも就業規約がないので雇用者の好き放題です。

職場にタイムカードすらありませんでした。

ただ、そこで働いているときはそれが当たり前だと思って、感覚が麻痺してなにも感じないものです。

その会社は年に一回決算賞与が出るのですが、出たとしても3万円程度。

税金を引かれると2万5千円くらいです。

給料は思いっきり少なかったですが、ここで一から基礎を学んでこき使われることで貴重な社会人経験を積んで別の会社にステップアップすることができました。

今の会社で社歴を重ねることで一度に3~4か月分の賞与を貰えるようになりました。

普段も節約してますし、やっと投資ができる環境が整ったわけです。

NISAと積立NISAの違い

よくテレビのCMなどで「NISA」という言葉を聞くようになりました。

でも、それがなんなのかよくわかっておりませんでした。

NISAと積立NISAの違いもわかりません。

NISAとは

株や投資信託によって出来た利益には通常2割税金がかかります。

しかし、NISAという制度を使って投資をすると、投資の利益にかかる税金が条件付きでかからなくなります。

例えば投資で20万円の利益が出た場合、通常でしたら利益は20万円から税金を引いて約16万円ですが、NISAを利用すれば20万円の利益をそのまま手にすることができます。

これを利用するためには、証券会社や銀行でNISA専用の口座を開く必要があります。

以下、NISAのポイントです。

・対象:日本国内に住んでいる20歳以上の成人

・投資上限:金融機関のNISA口座にて年間120万円まで

・所有できるNISA口座の数:1人につき1金融機関、1口座

・売買できる商品:株、投資信託、ETF(投資信託の一種)、REIT等 (金融機関によって、取り扱う商品に差があります)

・投資可能期間:5年間

積立NISAとは

NISAとは違い、少額から投資できる投資信託をメインに運用します。

資産運用というと『株』というイメージがありますが、積立NISAでは株は運用できません。代わりに投資信託を運用します。この投資信託は、株にないメリットがあります。

投資信託は何千本もの種類がありますが、積立NISAで投資できる投資信託は、長期投資に適している161本の商品に限定されています。

投資信託は、運用期間中に運用管理費用(信託報酬)がかかります。

この手数料は高いものから低いものまで商品によって様々ですが、積立NISAでは、長期で資産運用をすることを前提としているため、運用対象の商品は手数料が低く、運用のパフォーマンスに大きく影響を与えない投資信託が選ばれています。

・対象:日本国内に住んでいる20歳以上の成人

・投資上限:金融機関の積立NISA口座に年間40万円まで

・所有できるNISA口座の数:1人につき1金融機関、1口座

・売買できる商品:161本の投資信託のみ

・投資可能期間:20年間

注意しなければいけない点です↓↓

積立NISAは20年間運用できるわけですが、商品の買い付けは、投資できる枠を与えられた最初の1年目のみで、あとの19年間は売却と運用だけで、追加で買い付けはできません。

年間40万円の投資枠は、使い切らなかった場合でも、翌年度には持ち越せません。また、商品を売っても投資枠は復活しません。

おすすめの証券会社

よく紹介されている証券会社です。

SBI証券

楽天証券

松井証券

マネックス証券

ちなみに自分はマネックス証券を使っています。

現在の状況

「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」に31万円投資しています。

そして2018年11月29日現在では306,579円です。

3,500円程度目減りしています。

株安が影響しているんですかね。

積立NISAは預けっぱなしで見ないようにするので、このまましばらく様子を見てみます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です