【恐怖】iPhoneの「自宅に到着しました」や「勤務先に到着しました」を消す方法




今朝、職場に着いて自席に座り、おもむろに私用のiPhoneを手に取るとロック画面に「勤務先に到着しました」の文字が浮かび上がりました。

「なんだこれ、なんで知ってるの?」

ちょっと気持ち悪い気分になりました。

最近、米国がHUAWEIのスマートフォンには「スパイウェアが仕込まれている」として同盟国に使用を控えるように通告したというニュースが流れたばかりである。

ちなみにHUAWEIの場合は、使用者の通話履歴、位置情報、銀行口座の情報などが中国本土に送られていたらしい。

中国政府の主張は「国内仕様で輸出してしまった」とのことですが、この主張は限りなくクロに近い。

ここまでクロでなくても、自分の行動が意図せずしてビックデータとして企業に収集されているのがなんとなく不愉快である。

ちなみに自分の場合は「勤務先に到着しました」のメッセージの横にyahooメールのアプリの表示がでていました。

なぜyahooメールのアプリに勤務先登録がされているのでしょうか。

登録した記憶もないですよね。

にも関わらず、iPhoneではこのような表示が出ることがあります。

ここで勘違いの原因になってしまうのが、アプリが勤務先に到着したことを認識しているわけではないとのことです。

これはiOS10から実装された機能で、「利用頻度の高い位置情報」という機能があり、位置情報の履歴から、その滞在時間や滞在回数を分析し、「自宅」や「勤務先」を推定しているのです。

このiOSの機能が、勤務先に到着したことを認識してよく使うアプリを使いませんかと提案してきている、というのが正しい認識です。

f:id:hitoritozan:20181203231312j:plain f:id:hitoritozan:20181203231321j:plain f:id:hitoritozan:20181203231329j:plain f:id:hitoritozan:20181203231338j:plain

上記のようにiPhoneをタップしていってください。

平日の昼間によく居る場所と判断されれば、そこは「勤務先」です。

朝や夜によく居る場所と判断されれば、そこは「自宅」です。

このような感じでiPhoneに判断されます。

正直な話、気持ちのいいものではないですね、、、

また履歴というところには自分の訪れた「市町村、都道府県」が表示されて、その下に、「期間、箇所」が表示されます。

この機能ってニーズはあるんでしょうか。

なにか見張られているような気がして気分が悪いですよね。

最近のITの進化ってすごいなぁと思います。

スピードが早すぎて知らないこともどんどん増えていっているような気がします。

もちろん知らなくてもそのまま済んでいくこともあります。

しかしセキュリティとかプライバシーは把握していなければいざというとき自分の身に降りかかってくることが大きいと思います。

今日はそんなことを感じた一日でした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です