【FOLIO】初めての配当金が支払われました

未分類
スポンサーリンク




FOLIOというテーマ別に分散投資をできる証券会社があります。

ダウンタウンの松本人志さん主演のCMと今までになかったテーマ型分散投資という目新しい投資方法で知名度を得た証券会社です。

さりげなく購入して保有していた株式から無事に配当を頂くことができました。

人生初めての株式からの配当です。

スポンサーリンク

テーマ別分散投資とは

FOLIOでは「サイバーセキュリティ」「アンチエイジング」「次世代素材」「VR」「寿司」などユニークなテーマから投資をしたい分野を選ぶことができます。

各テーマのポートフォリオはFOLIOが厳選した企業によって構成されています。

あえてテーマ別投資をおこなうことにメリットはあるのでしょうか。

FOLIOでテーマ別投資をおこなうことのメリットはリスク分散ができるということです。
個別株に投資をした場合、その企業がなんらかの原因によって破綻してしまったりした場合株式は全額紙切れになってしまいます。
日本株は100株からしか買えない証券会社がまだ多いためテーマ別に複数の企業に投資をおこなうことである程度はリスクを低くすることができます。

私が感じたデメリットも紹介させていただきます。

FOLIOで一つのテーマを購入すると10万円前後必要になります。
一つのテーマを購入して企業の株をそれぞれ1~2株ずつ保有します。
ある企業の株を個別に欲しくなってもFOLIOでは増やせません。

人生初めての配当金

テーマ別分散投資で保有していた企業から人生初めての配当金が入金されました。

人生初めての不労所得です。

その金額は72円。

笑ってしまうような僅かな金額です。

他人から見れば僅かな一歩からもしれないですが、私にとっては大きな一歩でした。

実はこの郵便が届くまでテーマ別投資をしていたこと自体すっかり忘れていました。

日々の仕事に追われ、株式相場をチェックする暇もありません。

会社員を本業としている人間からしてみればそれでいいのかもしれません。

デイトレーダーのように日々忙しく売り買いするつもりもありません。

株式は日々価値が変動します。

投資業界で有名なウォーレン・バフェットは「10年間株を保有する気がなければ、10分間保有することさえ考えない方がいい」という名言を残しています。

日々の値動きに一喜一憂しても仕方がないです。

まとめ

各企業が配当の発表を始めた頃、ポストに沢山の郵便物が入ってきました。

テーマ別分散投資をしている各社からそれぞれ郵送されてきます。

僅かな金額しか投資していないのに郵便で配当金額を送ってくれるのは手間を考えると申し訳なくなります。

今のところFOLIOでは日本株しか買えません。

高配当投資を目当てに積み立て投資をおこなうのか、キャピタルゲインを狙うのかなにを目的にテーマ別投資をおこなうのか不明確なところが課題だと思います。

現在は日本株でも1株から買えるネット証券も増えています。

SBIネオモバイル証券も代表例です。

日本株を1株から保有することができます。

Tポイントで購入することができるのも嬉しいところです。

様々なサービスが日々生まれているので競争の激化が予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました