【梅雨の季節に履きたい】リーガルのゴアテックスシューズがおすすめな理由




梅雨の真っただ中ですね。

毎日のように雨がふり湿気が酷い。

一年で一番鬱陶しい季節です。

自分の仕事は外回りの営業マン。

車で移動できるとはいえ、雨に降られると革靴が濡れてしまう、、、

革靴は日曜日の夜にしっかり磨いて玄関に揃えて置きます。

憂鬱な月曜の朝でも革靴が磨かれていると少しでもマシな気持ちになって職場に向かうことができます。

せっかく日曜日に磨いておいた革靴がすぐに濡れて汚れてしまっては残念な気持ちになります。

そんな私に気になるビジネスシューズが出てきました。

リーガル ゴアテックスシューズ

リーガルのビジネスシューズです。

店頭でゴアテックスシューズを見たときは「え?」と思いました。

ゴアテックスは登山用品などの雨着のイメージが強くてシューズとしても存在しているとは思ってもいませんでした。

ちょっと履いてしまっていますが、靴底も普通の靴です。

ただ、ビジネスシューズの形をしていますが、手で持ってみると質感が違うことに気づかされます。

今までゴアテックス素材のシューズは機能性に優れていても、デザインがよろしくない商品が多かった気がしますが、このリーガルシューズは外から見ても革のビジネスシューズとは見分けがつきません。

ゴアテックス素材のメリット

さて、このゴアテックスシューズ。

ゴアテックスの特質をよく利用しています。

http://www.shoes-street.jp/shop/e/egoretex/

キーワードは「水を通さない」「靴の中が蒸れない」です。

これでしたら、突然の雨で水たまりに足を突っ込もうとも、台風のような雨のなかを通勤しても靴の中や靴下が濡れることがありません。

あの朝の通勤時に台風が直撃して、靴下がビショビショの状態で会社で始業を迎えるテンションがダダ下がりの瞬間を避けることができます 笑

ゴアテックスシューズの注意点

ここまでいいことばかり書きましたが、デメリットも勿論あります。

シューズのソールの交換ができないことです。

かかとの交換はできるそうです。

ゴアテックスの性能面は半永久ですが、ソールがすり減ってしまうと寿命がきてしまいます。

まとめ

今まで防水性能があるシューズはデザインがダサいものが多かった気がしますが、やっとカジュアルでも履けそうなデザインが増えてきた気がします。

夏の賞与貰ったら、もう一足買い足したいシューズです。

こちらの記事もおすすめです↓↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です