在宅ワークを快適にするアイテム6選を紹介します。




コロナウイルスの第二波の懸念が強まる昨今。

日本人の働き方の見直しが求められています。

コロナ禍によって急速に広まった在宅ワーク。

にわかに自宅が第二の職場として注目を集めています。

この流れは2~3年は続きそうです。

オフィス業界で働く私が在宅ワーク快適アイテムを紹介します。

自宅で長時間座っていると腰が痛くなる

実際に在宅ワークをされた方にアンケートをした結果、在宅ワークで一番重要なものは実は「椅子」なんだそうです。

普段、家族で食事をしたりするダイニングテーブルで仕事をされたりしていませんか?

ダイニングテーブルの椅子は長時間人が座ることを想定していないため、1~2時間で腰が痛くなってしまいます。

自宅でも長時間座ることが想定されたオフィス用の事務椅子が必須です。

私がおすすめするのはオカムラのCG-Mチェアです。

オフィスチェアは家庭に置くとどうしても大振りになってしまいます。

CG-Mチェアはコンパクトな事務椅子なので家庭で使っても違和感のないデザインです。

座り心地の良さの秘密

長時間座れる秘密です。

家庭用の椅子と大きく違うのは座面の異硬度クッションです。

臀部、太腿など人間と座面が接する部分にあわせてクッションの硬さを変えてあります。

肘の種類について

椅子は肘無し、デザインアーム、アジャストアームの3種類があります。

私のおすすめは断然アジャストアームです。

その昔、肘付の椅子は権威の象徴でした。

昔の日本企業には課長級以上が肘付の椅子に座るなどの慣習がありました

肘付であることを権威の象徴にしたいならデザインアームです。

実際の作業にはなんの意味もない、ただの飾りです。

ここ10年程でオフィスにPCが普及し、今ではなくてはならない存在になりました。

机に前かがみになって書類を書く時代は終わり、自席でPCのキーボードを打つ時代になりました。

アジャストアームは肘パッド部分の上下・角度の変更ができます。

椅子の肘に腕を預けながらPCが打てるのでつかれないPC操作が可能です。

こちらの椅子もおすすめです↓↓

自宅で気分転換をしながら仕事したい

最近スタンディングワークがブームです。

文字通り、立ったり座ったり自分で姿勢を選びながら働きます。

元々、日本のビジネスマンは一日の中で座りすぎていると言われています。

立って働くことは腰痛対策・眠気対策・集中力維持にもつながります。

ある調査では「座り過ぎ」による死亡リスクは1.4倍との研究結果もあります。

自宅にはテレビ、子供、スマホなど集中力を阻害する誘惑に溢れています。

集中力を維持するためにたまに「立って仕事」をすることをおすすめします。

机の上に置くだけで上下昇降機能を追加できます。

オフィスには上下昇降デスクをちらほらと見かけるようになりましたが、高価ですし家庭に置くにはかなりハードルが高いです。

そこでサンワサプライから家庭のデスクやテーブルに置くだけで上下昇降機能が追加できるアイテムが登場です。

レバーを引くだけでディスプレイやキーボードが昇降します。

椅子に座って仕事をしながら、「集中力が切れてきたなー」と思ったら立って仕事をするイメージです。

ノートパソコンの画面を大きなディスプレイに映したい

最近のノートパソコンは11インチ~13インチのサイズが主流です。

長時間ディスプレイを眺めていると目が疲れます。

「もっと大きな画面で見れないかな」って思ったことありませんか?

HDMIケーブルを用意して、ディスプレイに接続すれば大きな画面でノートパソコンの画面を見ることができます。

HDMI端子があればPCのディスプレイでもテレビに映すこともできます。

HDMIケーブルを差したあとにちょっとだけPC設定は必要です。

社外秘を守りたい

在宅ワークをするにあたって気になることとの一つが社外秘情報の漏洩です。

パソコンの画面が家族の目に触れやすいリビング、不特定多数の人が出入りするカフェの一角。

後ろを通りかかる人々の目にPCの画面が触れてしまう前に覗き見防止フィルターを画面につけるのはいかがでしょうか。

両面テープとフィルムアタッチメントが6本付属しています。

このフィルムをセットすれば60°より外側からの覗き見を防止するこができます。

これは15.6インチ用のフィルムです。自分のPCの画面サイズを確認してから購入しましょう。

デスク周りの電源をすっきりさせたい

自宅のデスク周りで意外と重要なのが電源の確保。

近年ではノートPCの他にスマホ、タブレットなどを在宅勤務で併用することが多いです。

これらの多くがUSB充電なのです。

自宅ではUSBに対応した充電口が準備されいないことが多いため、手間になることも多いのではないでしょうか。

これはクランプ式でデスク上に取りつけることができるOAタップです。

100V電源4個、USB電源2個を備えています。

オン・オフを切り替えるためのスイッチもついてます。

デスク周りの配線もすっきり見せることができます。

自宅でリフレッシュをしながら仕事したい

ふとしたときに植物を見ると落ち着くという経験はありませんか。

これは人間の遺伝子にもとづいた結果です。

オフィスに植物があると以下のような効果が見られます。

  • 業務の効率化や質の向上
  • 従業員の幸福度の向上
  • オフィスの空気を清浄化

これをバイオフィリックデザインといいます。

1984年にアメリカの生物学者エドワード・ウィルソンによって「人間には“自然とつながりたい”という本能的欲求がある」という提唱が元になっています。

これから日本のオフィスにもバイオフィリックデザインが浸透していきそうです。

これは自宅でも言えることだと思います。

自宅に観葉植物を置いて在宅ワークに疲れたときにリフレッシュすることはいかがでしょうか。

まとめ

在宅ワークにおすすめなアイテムをまとめさせていただきました。

少しでもお役に立てそうなアイテムが見つかったら幸いです。

個人で購入するには少し高いような気がしますが、自分に投資した分は必ず後で返ってきます。

コロナ禍はあと2~3年は影響あると言われています。

いつでも在宅ワークをメインにできるように少しずつ環境を整えていきたいですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です