【大阪王将ぷるもち水餃子】中毒者続出の冷凍水餃子




一人暮らし料理カテゴリを作ってみました。

いきなりですが冷凍食品です(笑)

私の一人暮らし歴はかれこれ10年以上になります。

毎日の食事はほぼ自炊・弁当持参で賄っています。

とはいえ、多忙な社会人。

限られたプライベートの時間のなかで毎日のサバイバルを乗り切るために簡単&ズボラ&時短料理で日々を凌いでいます。

いわゆる料理本などに出てくるちょっと一手間加えたレシピではありません。

「早い・安い・簡単」がモットーの男の料理です。

この超実践料理のほうがお役に立てるのではないかと思い紹介します。

中毒者続出!ぷるもち水餃子とは

仕事に疲れて家に帰ってきたとき、休日のちょっと遅めの朝食兼昼食。

冷蔵庫に食材もないし、そもそもなにか作るのかったるいってときはありませんか。

そんなときは冷凍食品を冷凍庫に常備しておくといいかもしれません。

味がいまいちだったのは昔の話。

今の冷凍食品は革新的進歩をしています。

今回は大阪王将のブランドで出している「ぷるもち水餃子」です。

作り方は超簡単

作り方は拍子抜けするぐらい簡単です。

一袋270g入りのパッケージには冷凍された水餃子が入っています。

大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かしておきましょう。

冷凍の水餃子を沸騰したお湯の入った鍋に流し込みます。

さすがに凍っているせいか、お湯が一度に冷めているようです。

このまま5分くらい茹でます。

お湯のなかから掬い上げてお皿に載せるともうぷるぷるもちもちです。

あの冷凍餃子がここまでになるとはとても思えません。

お箸で持ち上げてみましたが、ぷるぷる感が伝わりますでしょうか。

邪道かもしれませんが、辛いもの好きで七味唐辛子を振ってみました。

ぷるぷるの水餃子に七味を振りかけ、ポン酢で頂きます。

これだけで御飯食べれます(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ほとんど料理とはいえないものですが、自炊をするのが面倒なときは冷凍庫に常備しておくと便利です。

私のようにシンプルにポン酢で食べるのも美味しいですし、スープに入れたり、鍋に入れたり、茹でて冷やして食べるのも美味しそうですね。

たまにスーパーの冷凍食品半額セールで対象商品になっていることがあるので気づいたときに買っています。

冷凍庫に常備しておきたい冷凍食品






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です