【日本が消滅する日】河合雅司「未来の地図帳」




先日、日本の人口が43万人減少したというニュースが話題になっていました。

この減少幅は過去最大のようです。

43万人というと、実感がわかないかもしれません。

これは1日あたり約1200人の日本人がいなくなっていることになります。

小さな村が毎日消えているイメージです。

人口が減っていく日本

日本の国土から小さな村が毎日消えていくイメージと書きましたが、この状況に危機感を覚える方も多いはずです。

少子高齢化はまったなしです。

これはずっと前からわかっていたはずです。

しかしこれまでに政府がなにか具体的な手が打てたかというと有効な手は何一つ打てていません。

一般的に若年者は高齢者に較べて選挙の投票率が低い傾向があります。

政府が税金という限られた資源を再分配する場合、実際に投票に行き自分に票を入れてくれる高齢者層に厚く分配するのは頷けます。

前からわかっていたことですが、実際に人口が減りだしてからニュースになりつつあります。

人口が減ったらどうなってしまうのか

このまま少子高齢化が進めば日本はどうなってしまうのか。

生産人口が減ると日本経済が陥っているデフレがますます進行します。

人口が減る=経済の需要が減る

そうすると、企業は業績を守るためにお互いの利益を下げあって限られたパイを奪い合うしかなくなります。

この利益は労働者の給料、日本人の給料に直結しています。

このデフレは日本経済の縮小に伴うものなのです。

給料が少なくなった数少ない現役世代の労働者が自分達よりも人口が多い高齢者世代を支えることになります。

これでは結婚しようとか子供は3人は欲しいとかそういう気分にはなりませんよね。

未来の地図帳について

未来の地図帳では客観的なデータに基づいてそんな「見たくない真実」を徹底的に直視していきます。

これからはほんの一部の「元気な都市」を除いて人口の減少は避けられません。

日本各地において、人口が減少していきます。

現在、日本では「東京都」が地方のリソースをすべて吸い上げて突っ走っているような状況です。

2035年には無医地区と呼ばれる医者がいない地区、自治体職員がいない地区、税収・住民サービス施設が足りない地区が出てきます。

政府は地方にこれまでにミニ東京市のような中核都市を複数作っていくことによって、地域の人口減少を食い止めようとしましたが手遅れ感が否めません。

このままでは人口減少が続いた場合、明治以来続いた都道府県制の維持も難しくなってきます。

最近ではテレビで道州制の導入という考え方も多く見られてきました。

この本では地方のあちこちにそれぞれの地域が独自色を出した「王国」を作る構想を考えています。

まとめ

巻末の付録「2040年に各市町村の人口はどうかわるか」はこれだけでも読んでおきたい箇所です。

私の出身地も田舎です。

2040年時点で想定される人口は現在の40%減でした。

故郷は自治機能を維持できているのでしょうか。

現状のままでは少子化の流れは止まりません。

日本に必要なのはこの事実に危機感を持ち、しっかりと現実を直視しなければいけないことです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です