フィナステリドを再開して一週間 副作用も含めて報告します。




フィナステリドを再開して1週間が経ちました。

前からフィナステリドを服用してはいたのですが、自律神経の不調がありフィナステリドとの因果関係は不明ですが大事をとって服用を控えておりました。

フィナステリドを再開して1週間、そろそろ初期脱毛や副作用が心配です。

再開してから初期脱毛や副作用はあったのかご報告です。

フィナステリドの副作用について

思えば、20代前半から薄毛との戦いでした。

ドラックストアの店頭に並ぶ様々な育毛関連商品を試しました。

ただ市販されている育毛関連商品では効果が感じられず。

考えてみれば市販育毛剤に効果があったら、街中にハゲた人はいなくなっています。

今回服用しているのはクリニックで処方されたファイザーのフィナステリド1mg。

通常は朝か晩に服用するものですが、他にも薬を飲んでいるので一緒には服用したくなく、時間をずらして夜に服用してます。

フィナステリドの主な副作用
男性機能障害・・・0.7~1.1%
⇒性欲の減退
⇒勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能障害・・・0.2%
⇒肝炎リスクを示す血液検査値(AST、ALT)の上昇
⇒倦怠感や食欲不振など
抑うつ状態等

このような副作用が報告されていると、薄毛は気になるもののこれからAGA治療をやってみようと思うとついつい尻込みしてしまいますよね。

以前、フィナステリドを服用していた時は飲み始めた翌朝から下腹部に違和感を感じ始めました。

下腹部の違和感は5日間で収まりました。

今回は恐れていた下腹部の違和感もなく、薬を飲んでいても特になにも感じません。

フィナステリドの一般的な副作用のなかの性機能障害も特に感じません。

今のところフィナステリドによる副作用は感じていません。

副作用についてはあまり考えないようにしています。

フィナステリドのブラシーボ効果

ブラシーボ効果というものをご存知でしょうか。

プラシーボ効果とは、本来は薬としての効果を持たない物質によって、得られる効果のことです。デンプンなどを使い、薬のように見せた物を偽薬、またはプラシーボと言います。プラシーボ効果は無視できないもので、プラシーボ効果のみを目的とした偽薬を販売している会社もあるくらいです。

全日本民医連https://www.min-iren.gr.jp/?p=28961

たとえ偽薬であっても本当の鎮痛効果がある薬だと思い込んで飲めば、効果のない偽薬でもあるにも関わらず一定数は鎮痛効果があるようです。

同じくフィナステリドの治験のとき、偽薬を飲んだ人と実際に本物のフィナステリドを飲んだ人の副作用発症率がほぼ変わらなかったらしいです。

病は気からといいますが、薬の効果に対して神経質になり過ぎで副作用を訴えているのかもしれないです。

まとめ

フィナステリドは服用し始めてから効果を実感できるまで3カ月~6カ月間といわれています。

効果を実感できるまでまだまだ先が長いですが、気長に薬を飲んでいこうと思います。

補足ですがフィナステリドの副作用として考えられるものとして私の場合は肝機能検査で若干のALT上昇がみられます。

職場の健康診断の診断書には「肝機能障害の疑いあり」と書かれてしまいます。

心配になってフィナステリドを処方してもらっているクリニックで採血をお願いしてみましたが、問題があるレベルではないそうです。

沈黙の臓器と言われる肝臓。

これだけはクリニックで採血をお願いして検査してもらわないとわからないです。

今後も初期脱毛・副作用・服用後の効果も報告します。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です