【3本目を終えて】育毛剤マスターピースを使っての感想




育毛剤マスターピースを定期購入を始めて3本目が終わりました。

1カ月でマスターピースを1本使っているので丸々3カ月間使ったことになります。

どんな育毛剤も効果が確認されるまで少なくとも3カ月。

これは毛髪のヘアサイクルの関係です。

今までフィナステリドを服用しておりましたが、自律神経の不調が起こってしまい因果関係は不明ですがフィナステリドの服用も中止しておりました。

体内からフィナステリドの成分が抜けるに従って抜け毛が気になるようになり、室伏きみ子教授とシャハランメスリ博士という学者さんによって研究されたマスターピースにたどりつきました

この育毛剤は今までの工場でOEM生産されている育毛剤とは違うと思いました。

それ以来、朝の出勤前と夜の風呂上りに頭皮にマスターピースを塗布してきました。

どんな育毛剤でも効果が出るまで最低3カ月間。

世の先人達曰く育毛は一日にしてならずとのことです。

AGAとの戦いの道は果てしなく長いのです。

3カ月間、マスターピース使っての感想です。

今のところ残念ながら変化はでていません。

思うようにマスターピースの効果がでないことの原因はちょうどフィナステリドやめて脱毛が始まる時期と重なってしまったからかもしれません。

フィナステリドをやめてしまった今、すっかり髪が薄くなってしまい光の強い場所に行くとわりと頭皮が透けて見えてます(笑)

個人的にはこの頭皮の透けが非常に気になります。

3本目でマスターピースの定期購入はストップしました。

「育毛剤」ってあちこちのメーカーが出してます。

有名メーカーから育毛剤に詳しい人しか知らないようなメーカーまで店頭に現れては消えてを繰り返していおます。

なぜこんなことが起こるのでしょうか。

世の中に出回っている大量の育毛剤のうち、奇跡の特効薬が一本でもあれば世の中にハゲはいなくなっているはずです。

育毛剤やカツラといった薄毛マーケットの市場規模は4,414億円とも言われています。

薄毛に悩んでいる人は1,800万人とも言われます。

日本で唯一残された巨大マーケットです。

これがどれほど巨大マーケットかと言いますと、シャンプーの市場規模は3000億円と言われています。

なんとシャンプーのマーケットよりも育毛マーケットのほうが大きいのです。

これは有名ところのメーカーさんも効くかどうかはおいといて、薄毛を気にするユーザー層に商品を投入しておこうと思うはずです。

これからはまたフィナステリドに戻ろうかなって思っております。

ただ因果関係は不明ですが自律神経不調となり服用を中止した経緯もあります。

一応、まだ自律神経失調症対策の薬も貰っています。

フィナステリドは他の薬と併用しても良いとのことですが、一応、医者に確認をとってからでないと怖いですよね。

今後は市販の育毛剤ではなくフィナステリドをもう一度試してみたいと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です