【読書】チェ・ゲバラの遥かな旅




f:id:hitoritozan:20181217223249j:plain
突然ですが、「チェ・ゲバラ」という人物をご存知でしょうか。
名前や顔くらいは聞いたり見たりしたことがあるのではないでしょうか。

本やTシャツに顔写真がよくプリントされていたりしますね。

この人物、キューバと関連することもあって、米国追従の日本にあってはたまに『キューバ=悪』のように認識されているように感じます。

チェ・ゲバラの本名は「エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ」と言います。

1928年6月14日アルゼンチン生まれの医者であり政治家であり革命家です。

医学の道を志すチェ・ゲバラは、23歳の時友人アルベルトと古びたボロボロのバイクで南米大陸縦断の旅に出発します。

このときの出来事は『南米モーターサイクル・ダイアリーズ』という本や映画になったりしており有名です。

自分も大学生の頃に読みました。

南米大陸縦断の最中に、貧富や差別などのさまざまな理不尽な事柄に遭遇します。

この経験からマルクス主義に傾倒していくことになります。

チェ・ゲバラは当時アメリカによって土地、電話、電力、鉄道等のすべての利権が支配されてマフィアの巣窟のようになっていたキューバで反政府運動を行います。

その際にメキシコに亡命していたフィデル・カストロと出会います。

革命に対するカストロの想いに感銘を受けて自ら軍医として彼らに同行することを決意し、1956年12月キューバへの密航船に82名の仲間と共に同乗します。

キューバでは政府軍との戦闘の中でその忍耐強さと誠実さ、状況を分析する冷静な判断力、人の気持ちをつかむ才を遺憾なく発揮し、当初は軍医としての参加であったが次第に反乱軍のリーダーのひとりとして認められるようになっていきました。

1959年のキューバ革命のときに革命軍のリーダーとなったフィデル・カストロのナンバー2として活躍し、革命を成功させました。

革命成功後、キューバ政府内の要職を歴任しますが、革命に対する情熱が抑えきれずにコンゴ民主共和国に渡ります。

しかしコンゴ民主共和国での革命は失敗に終わります。

次に政治的に不安定だったボリビアを次の革命の拠点とさだめます。

ゲリラとして少数の仲間とともにボリビアに密航しますが、1967年にボリビア山中でボリビア軍の特殊部隊に捕らえられ、全身に弾丸を撃ち込まれて銃殺されます。

遺体は神格化を恐れる政府のため、いまだ見つかっていません。

そんなチェ・ゲバラのキューバ革命のおかげで、今のキューバには国民皆保険や高い教育制度があります。
医療ではがん治療から心臓移植までもが無料らしいです。

予防医療を徹底しており、平均寿命は先進国並みです。
教育については大学や専門学校まで授業料を負担することなく通うことができます。
貧困、政府による搾取、不平等。
そんな時代から解放させ新たなキューバを作り出したのが、チェ・ゲバラだったのです。

一時期、アメリカと国交復活させたりしましたが、今後キューバは再び資本主義の荒波の中に呑まれていってしまうんですかね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です