【AGA対策】フィナステリドをやめてから約1カ月、抜け毛が増え始めたので対策




 

 

f:id:hitoritozan:20180919234336j:plain

自律神経の調子が悪くなり、フィナステリドを中止してから一カ月ちょっと経ちました。

体調を考慮してフィナステリドは飲んでいません。

フィナステリドは僅かではありますが、一部以下のような副作用が報告されています。

  • 性機能障害
  • 肝機能障害
  • 抑うつ
  • 身体の女性化

どれも怖そうな副作用ですが、副作用の発症率はどれも1%前後です。

ただこれは実体験ですが、服用し始めて性機能への影響はわりと感じました。

感覚的な話ですが、飲み始めて薬に対して身体が慣れ始めるとあまり違和感を感じなくなります。

また、世の中にはブラシーボ効果というものがあるらしく。

臨床実験で本物のフィナステリドと本物のかたちをした偽物のフィナステリドを別グループに一定期間飲んでもらって実験をしたところ、偽物で効き目などがないはずのグループからも性機能障害などが報告されたらしいです。

要するに気にしすぎ的な要素もあるかもしれません。

 自分の場合は自律神経の不調ではあるのですが。

やっぱり確認をされている副作用に1%とはいえ「抑うつ」ということがあるのと。

勝手な推測ですが、フィナステリドを飲むことで男性ホルモンのバランスが崩れて自律神経が乱れる原因を作ってしまったのかもしれないと具合が悪くなったときに考えまして大事をとって一時中断いたしました。

 

あれから大体一カ月ちょっと。

体調は大分回復しました。

バリバリ仕事してます。

で、髪はといいますと、、、

抜け毛が増えました。

前々から薬をやめると一気に抜け毛が増えて本来だったら飲んでなかったらなっていた姿に戻ると言われておりまして。

そんな魔法みたいなことが本当にあるのかと思っておりました。

実際、けっこう抜けております。

いちいち本数などは数えておりませんが、洗髪した際にシャンプーブラシに抜けた髪がついております。

f:id:hitoritozan:20180919235652j:plain

自分でも気にしております。

依然としてマスターピースという育毛剤を使っております。

www.turezurenikki.work

 

他に対策としてはノコギリヤシ亜鉛サプリメントを摂取しています。

f:id:hitoritozan:20180920000225j:plain

ノコギリヤシには、DHT を作りだす、5αリダクターゼを抑える作用があると考えられています。

ジヒドロテストステロン(DHT)とはテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで発生します。

DHTはAGAに影響すると言われています。

イタリアの研究グループが行った実験では、ノコギリヤシエキスを服用した患者はそうでない患者と比べDHTの減少が確認されているそうです。

亜鉛は髪の毛の生成に欠かせないアミノ酸を再合成する作用があります。
髪の毛の成分は、90%以上がケラチンとよばれるタンパク質で成り立ちます。

ケラチンは、体内で一度分解されたタンパク質が再び合成されることによって生成されるます。

タンパク質が再び合成されるプロセスにおいて、亜鉛がなければ髪の毛の成長もままなりません。またノコギリヤシと同じく5αリダクターゼの生成を抑える力も持っているといわれています。

 

         

医薬品のフィナステリドと比べたらおそらく気休めくらいの効果しかないでしょう。

今後どうしていくのか考え中です。

また報告します 笑







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です