【営業マンの処方箋】通勤時間が短ければ短いほど良いというのは本当か




巷では「通勤時間は無駄」と悪く言われることが多いです。

2013年のウメオ大学(スウェーデン)の調査では、2001年から2005年の5年間の調査で、夫婦のどちらか、または両方が片道45分以上の長距離通勤をしている夫婦は、そうでない夫婦より平均して40%、離婚のリスクが高いという研究結果が明らかになっているらしいです。

果たしてどうなんでしょうか。

 

中高生の頃は電車で長距離通学していたせいか、逆に電車に乗っている時間を読書や勉強に当てていて、電車に乗らなくなったら読書時間も減った気がします。

ちなみに自分は朝の通勤ラッシュの電車は嫌いです、、、

好きな人はいなさそうな気がしますが、、、

結局、これが嫌でした、、、

f:id:hitoritozan:20180913230039j:plain

 

あと、これが嫌で都内の企業には勤めないようにしました。

f:id:hitoritozan:20180913230223j:plain

通勤ラッシュの電車内はストレスしか生まない。

みなさん、眉間に皺を寄せて電車に乗ってますからね。

そして電車が不意に駅のホームではないところに止まったりすると、車内で聞こえよがしに聞こえる咳払いや舌打ち。

満員電車は確実に日本人の健康と寿命を損なっていると思う。

昔、通勤ラッシュ時の満員電車の混雑を緩和しようと二階建て車両が導入されようとしたらしいのですが、たしかに一見すると人が多く乗れそうなイメージですが、出入口が混雑して乗降に時間がかかりすぎるらしいですね。

 

自分は通勤電車に乗りたくないという事情から、前職では会社の近くに住んでいて自転車で通勤しておりました。

今の職場は電車で一駅。

いやぁ、一駅でも辛いです、、、

急にこんなことを書いてみようと思ったのは、勤めている会社はわりと地域密着な中小企業。

会社の周りにはたくさんお客様がいらっしゃいます。

入社して引っ越してきてから気づいたのですが、自宅から徒歩10分のところにあるお客様を自分が担当することになったりしまして。

朝、通勤途中にお客様の担当者と非常によく会います 笑

それも一人や二人ではありません。

自宅から最寄駅に向かってトコトコ歩いている最中には駅から歩いてくる担当者と毎日のようにすれ違ったり。

お客様の部長クラスの方とすれ違ったり、、、

勤務地の駅に降りて会社まで向かう道すがら、出入りしているお客様の受付の女性といつもすれ違ったりと。

朝からなかなか大変です、、、

ちょっと時間をずらして早くに行ったりしても必ず誰かに会います 笑

 

いや、会うこと自体は別にいいんです。

でも、朝ってテンション低いんです。

会社に入るまでは仕事モードのスイッチが入ってない。

いつもお客様先に行くときは表情を作って元気よさげに挨拶してるわけです。

朝、起きてから間もなくて油断してるときに不意に眠そうに歩いているところをお客さんに見られたりして意外と辛かったりします 笑







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です