【AGA対策】クラウドファンディングを3日で目標額を達成したというマスターピースという育毛剤を使ってみる




懲りずにまた育毛剤に手を出してしまいました、、、

フィナステリドをやめてから

今は回復しているのですが自律神経に不調を感じてからはお医者さんから処方されたフィナステリドは服用を控えてます。

AGA薬で最も気になることは副作用ではないでしょうか。

*フィナステリド副作用

肝機能の低下、鬱病、だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色、性機能の低下

どれも発症率は低いです。

副作用での鬱病の発症率は1%です。

なにかの偶然であったとしても実際に自律神経が逝ってみると、とても心穏やかには飲めません 笑

フィナステリドの服用を中止してから2週間ちょっと経過しました。

AGA薬で生やした髪を維持するには、薬を飲み続けなければなりません。

体内からフィナステリドの成分が抜けてしまったら急速に飲む前の姿に戻っていきます。

自分も抜け毛が増えてきました。

マスターピースとの出会い

「もう天に任せるしかないのか、、、」と思っていたらネットでマスターピースという育毛剤を見つけました。

けっこうお高めな育毛剤です。

公式サイトでの通販価格です。

単品購入:12,960円(税込)

定期購入コース:9,960円(税込)

現実的に髪を生やすには結局フィナステリドに頼るしかない。

それが自分の結論です。

ネットなどで販売されている育毛剤って、結局効果ないんですよね。

別の会社がそれぞれのブランド名で「独自成分配合」と売り出している育毛剤が、結局のところOEM生産で同じ工場から出荷してるなんてよくあることです。

このマスターピースという育毛剤で他の育毛剤とは一線を画しているなと思ったのは育毛剤の開発に携わっている方が二人とも研究者ということです。

室伏きみ子教授とシャハランメスリ博士という方です。

恥ずかしながら自分は聞いたことがない方だったので、その経歴からどんな方かを調べてもいまいちだったので、本当に実績のある方なのか独自にネットなどで調べてしまいました。

AGAによる薄毛の原因はDHTですが、それを抑えなければ健康な髪は戻らないような気がしなくもないですが、今まで出回っている育毛剤のなかにここまで一流の研究者が開発している育毛剤がなかったのも事実。

科学的なエビデンスもあるようです。

実際の使用感まとめ

手の平にワンプッシュしてみましたが、ほんのりバラの香りがします。

高濃度ローズウォーターが主成分の一つのためです。

透明な粘性のある液体です。

3~4プッシュして頭皮につけてみましたが、いたってただの薬液です。

市販の育毛剤だったらメンソールで頭皮に塗ったときに冷涼感があったりするんですけどね。

これがまた天然由来っぽいです。

とりあえず3か月間続けてみます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です